メニューを飛ばして本文へ

飲食店の独立・開業・出店コンサルティングサービス

飲食店の開業?やめたほうがいいかもしれません・・・

せっかくこのホームページお越し頂いたあなたにこんなことをお伝えするのは、大変、心苦しいのですが、飲食店の開業を軽くお考えなら、正直、やめたほうがいいです。

なぜなら、飲食店の開業・出店は非常にリスクが高いからです。

実際、開業した飲食店の中で、3年間生き残るのは、たったの3割です。
逆に言えば、残りの7割は3年で廃業、つまりつぶれてしまうのです。

この事実を知らない、もしくは飲食店経営の知識が乏しい方が開業・出店した場合、失敗する確率は想像以上に高くなるというのが現実なのです。

否定的なことばかり言って申し訳ありません。

せっかく「頑張るぞ!」と、このページを開いて下さったあなたに、いきなりやる気をそぐようなことを言って、申し訳ありません。

ただ、これはあなたの興味を引くために、もしくは、このページをどうにかして読んでもらおうと思って、言っていることではありません。

コンサルタントをやってきて、飲食店経営の現実を7年間見続けてきた私が、正直感じる本音を言うならば・・・中途半端な知識と勢いで出店を決めないでほしいのです。

実際、
「いい物件が見つかった!」とか、
「前の仕事を辞めた流れで」とか、
「飲食店が好きで昔からやりたかった」とか、
「飲食店で働いていて、料理の腕に自信があるから」など、
少しの知識や、自分なりの感覚や、なんとなくの勢いで出店を決める方は非常に多いです。

出店した結果、運よく成功すればよいのですが、大半が失敗、廃業という厳しい現実に直面しているのです。

過去、つぶれる店をたくさん見てきました・・・

私の過去の苦い思い出を紹介させてください。
私は大学を卒業して、北陸最大のコンサルティング会社に入社し、飲食店向けの販促支援を担当していました。

チラシ、DM、看板、イベント、プレスリリース、法人営業などなど、飲食店におけるありとあらゆる販促の支援を行ってきました。
休みも取らず、睡眠時間を削って働いていた甲斐もあってか、売上アップコンサルの成功率はかなり高く、飲食店の売上アップに結構、自信を持っていたのですが、、

そんな中でも、どうしても売上が上がらないお店がありました。
そして、まだ駆け出しだった頃ですが、実際にご支援中に、突然、夜逃げをされてしまった経験もあります。はっきり言って、コンサルタント失格です。当時は大変なショックを受けました。

「なぜなんだ…。なぜ、売上が上がらないんだ?」

かなり悩みました。
「他のお店では効果があるのに…」
「最新のノウハウを使っているのに…」

そして、悩み続けた結果、ある日、気が付いたのです。

「どれだけすごい販促をしても、お店の戦略が間違っていたら効果は無い」ということに。

そして、飲食店では、「開業時の戦略が極めて重要」だということにも気付きました。
すぐにつぶれるお店の多くは、この「開業時の戦略が間違っている」という事実を知ったのです。

それから私は、失敗したお店の「失敗した理由」を探し出して、研究・分析し、失敗する要因をどうやったら回避できるか、「どうしたらつぶれないお店が作れるのか?」を考え、コンサルティングの現場でずっと実践してきました。ちなみに、これは後から知ったことですが、普通のコンサルタントは、成功した事例だけを研究するようです。

井澤著書『7つの超低リスクで成功する。飲食店「開業・経営」法』

失敗の要因を明らかにして、それを避けることで、成功率を飛躍的に高めることができる!
そんな確信と現場での経験を元に、独自の「超低リスク戦略」を組み立てていったのです。

詳細は、私の著作である『7つの超低リスクで成功する。飲食店「開業・経営」法』や、このホームページ、そしてメールマガジンなどでお伝えしています。


他のコンサルタントの先生方に怒られるかもしれませんが…

開業・出店の恐い現実ばかりをお伝えしていると、他のコンサルタントの方から、
「そんなことを言ったら、開業者が減るじゃないか!」と怒られるかもしれません。

しかし、多くのコンサルタントの方が、なぜ、簡単に「出店しなさい」と言えるのか?
私は不思議でなりません。

私はご支援先の飲食店が新しいお店を出店すると相談されても、「現状では、リスクが高いので、やめましょう。」と言うことがよくあります。
また、独立開業したい方からご相談を頂いたときに、「調査の結果、その立地ならやらない方がいいです。」と言って契約が途中で途切れることがあります。

そういう意味では、日本一、開業・出店に慎重な飲食コンサルタントかもしれません。

私の本音は、これまでに悲惨な失敗を見てきたので、これ以上誰にも失敗してほしくないということです。
確かに、「ハイリスク、ハイリターン」という考え方もあると思います。しかし、これからの飲食店経営は、「ローリスク、ハイリターン」を目指さなければいけない時代が来ていると思います。経営環境はそれほど厳しく、悪化してきているからです。

飲食店の開業・出店において一番大切なこと

では、飲食店の開業・出店において、一番大切なことはなんでしょうか?

実際、飲食店の開業には以下のような準備が必要になります。

  1. 開業戦略の明確化
  2. 物件決定
  3. 商品・サービス開発
  4. 建築・施工
  5. 仕入れ先確保
  6. 人材確保
  7. 教育・研修
  8. オープン販促
  9. 許認可
  10. 庶務・雑務

細かく書けば、数十項目にもおよぶ業務があります。

しかし、ここで最も重要なのは、「開業戦略の立案」と「物件の決定」です。つまり、開業戦略を正しく立て、「いかに売上を上げるのか」を突き詰めて考える必要があるのです。
飲食店のおけるすべての議論は、ここに集約する必要があるとさえ、考えています。

そして、そのために絶対必要なことが、「現場の調査」なのです。

調査なくして、出店するなんて、こんな恐ろしいことはありません。
本当に心から言いたいです。そんな危険な開業・出店はやめてください。

しかし、逆に言えば、きちんと調査を行えば、成功率は極めて高くなります。
以下に、私たちの開業コンサルティングの内容をご紹介しましょう。

ライズウィルのスカイプコンサルティング。電話代、交通費が0円。

ライズウィルのコンサルティングサービス。ご契約の前に、出張個別相談を受けていただいています。

競合が増えて収益が安定しない飲食店が、お客様から選ばれて繁盛店になる方法!『成長し続ける繁盛店づくり』動画解説

特典の紹介