メニューを飛ばして本文へ

飲食店経営で最も重要なことは?

開業戦略とは何か?

飲食店の開業で最も重要なことは何でしょうか?

それは、最初に立てる「開業戦略」です。

まず、「戦略」とは何か?そして、なぜ「戦略」が大切なのかをご説明しましょう。

戦略とは、わかりやすく言うと「誰に」「何を」提供するか?です。

まずは、以下のように考えてみましょう。

  • 「誰」=ターゲット(顧客)
  • 「何」=コンセプト(商品・サービス)

戦略とは、誰に何を提供するか?仕事帰りにちょっと一杯と思ったサラリーマンに対し、居酒屋は安くてうまい料理とお酒を提供。

上の図のように、「誰に何を提供するか?」というターゲットとコンセプトの相性をぴったり合わせることが戦略を立てるということです。

もし、戦略を間違えていたら…

戦略とは、先にご説明したように、「誰に何を提供するか?」です。

そして、なぜ戦略が大切なのかについて、私の過去の苦い思い出を紹介させてください。

当時の私は大学を卒業して、北陸最大のコンサルティング会社に入社し、飲食店向けの販促支援を担当していました。

チラシ、DM、看板、イベント、プレスリリース、法人営業などなど、飲食店におけるありとあらゆる販促を実施していました。
お休みも取らず、睡眠時間を削って働いていた甲斐もあってか、売上アップコンサルの成功率はかなり高く、飲食店の売上アップに結構、自信を持っていたのですが、

そんな中でも、どうしても売上が上がらないお店がありました。

「なぜなんだ…」

当時はかなり悩みました。
「他のお店では効果があるのに…」
「最新のノウハウを使っているのに…」

悩み続けた結果、ある日、気が付いたのです。

「どれだけすごい販促をしても、お店の戦略が間違っていたら効果は無い」ということに。

例えば、先にあったビジネスビルの居酒屋の事例が、下記のような戦略だと、結果はどうでしょうか?

クレープビジネスビルが、サラリーマンにクレープを勧める場合。

こちらは、サラリーマンに対してビジネスビルでクレープを売ろうとしていますが、サラリーマンが仕事帰りに甘いものを食べようという気にはなりませんよね。休日にもビジネスビルに人は少なく、商売として成り立ちにくいわけです。

このように、ターゲット(顧客)とコンセプト(商品・サービス)に大きなズレがある場合、どんなに広告・宣伝、販売促進をしても、効果はほとんどありません。

数千万、数百万の借金をして開業しても、すぐに撤退してしまう飲食店が数多くあります。
その多くは、最初から戦略を間違えているのです。

しかし、飲食店では、開業後にお店の立地や業態を変えることは難しいのです。

つまり、飲食店では、「開業時の戦略が極めて重要」だということです。
開業時に、お店が繁盛するかどうかの7~8割は決まってしまうというのが現実です。
ぜひ、間違いの無い開業戦略を立てましょう。

競合が増えて収益が安定しない飲食店が、お客様から選ばれて繁盛店になる方法!『成長し続ける繁盛店づくり』動画解説

特典の紹介