メニューを飛ばして本文へ

飲食開業においての「お店づくり」の大切さについて

飲食店が成功するのか、失敗するかは、開業時にほぼ8割方決まると言えます。
どんなお店にしたいのかイメージしながら、目的達成に向けた開業までのプランを組み立てていくことが大切です。 開業するにあたって、どんなことに目を向け注意をすれば良いのか、ポイントをご紹介します。 いつか独立して自分のお店をオープンさせるのが夢と語る皆さんに、ぜひ読んでもらいたいです。

コンセプトを決めること

コンセプトとは提供する商品やサービスのことです。
まず開業を決めたら、どんなお店にしたいのか、お客様の客層やメニューの単価設定、店舗のデザインなどイメージをある程度固めておくことが大切です。

外観、ファサード部分

まず、お店の第一印象は外観で決まります。
人間の消費行動に、AIDMA(アイドマ)の法則と呼ばれるものがあるのをご存知ですか?

A…注意  I…関心や興味  D…欲求  M…記憶  A…行動

という流れに従って、お客様を来店させるのです。
この法則を利用することによって、お客さんの集客効果も期待できて売上アップに繋がります。
お客様の記憶に残るような外観、ファサード作りをする為にも、他店を参考にしながら魅力的かつ個性的なお店を作りましょう。

お客様が利用しやすい内装作り

レストラン

1.入り口のレイアウト

お客様が入店した時に、すぐにスタッフが対応出来るような店内にしましょう。
また、入り口付近で混雑しないように広めのレイアウトをすることで、快適感を味わえます。

2.席作り

オープンな内装にするのも良いですが、中には周囲の目が気になる方もいるので、 仕切りを設けるなどお客様の目線に合った席作りをしましょう。

3.便利なアイテム

上着掛け用のハンガーや、荷物入れ用のカゴを設置するなど、 あると便利なアイテムを用意しておくことで、気配りの出来るお店としてお客様の心に残るでしょう。

飲食店の開業に向けて商品、価格、サービスなど、決めるべき点は沢山ありますが、 お客様の立場に合ったお店作りをすることで、集客率もどんどん伸びていきます。