メニューを飛ばして本文へ

人材育成の必要性について

人材育成が何故必要なのでしょうか?
人材育成が飲食店にとってどのように影響するのかについて一緒に考えていきましょう。

人材育成の内容

人材育成

1.具体的に期待する人材像を明確化すること

業績向上と実務能力向上は、教育体系により大きく変わります。 業務や役割に求められる成果行動の実践を目標に、期待人材を育てることが大切になります。

2.教育体系に基づいた教育研修を実施すること

研修受講者には、個人、全体の目標と現状をしっかり把握することが重要になるため、教育体系に基づいた教育研修を実施することが大切です。

3.目標達成度

目標と現状のあり方を継続的に確認することで、教育体系を柔軟に改革していくことが最も大切なのです。

元々、飲食店は身近にある仕事であり、人材確保に困ることはありませんでした。
しかし、今や飲食店は不人気業種となり、優秀な人材確保が難しくなってきました。 そうなると人を育てていかなくてはいけません。 その結果、人材育成が店舗の競争力を高めるため、重要視されてきています。

重要視されてくると、人材育成の目標も「生産性アップ」や「能力向上」、「業績アップ」といった課題へ変化していったのです。
さらに店長職や厨房職を集中的に育成、分野ごとに育成する必要性も高まってきました。
ですから飲食企業が成長していくのは、人材育成が非常に大切になってくるのです。

人材育成は上記のように、生産性アップや能力向上、業績アップの効果だけではありません。
他にも新商品の開発、新たな需要の開発、品質向上、社外へのアピール、社会貢献など魅力のある会社に育て、役立つために必要不可欠なのです。
人材育成がどのくらい企業の成長に関係するのかご理解いただけましたでしょうか。

弊社では、教育から組織作りまで、組織力向上支援を行っております。
店舗運営、企業の組織作り、社員のマナー研修なども実施しておりますので、企業の成長に伸び悩んでいる方は、お気軽にお問い合わせ下さい。