メニューを飛ばして本文へ

飲食業における接客の重要性について

昔から飲食業における基本理念にQ・S・C・Aがあります。

Q・S・C・Aとは

Quality…品質の高い料理の提供          Service…お客様目線の接客、サービス

Cleanliness…衛生的で清潔に磨かれた店内   Atmosphere…快適で心地良い空間

この4つの指針は多くの外食産業で採用され、浸透しています。

お客様の立場に立った考え方を意識させる育成の際に利用されることが多いです。

接客の重要性

人気の飲食店

クオリティーの高い料理が注目されていたり、店内のインテリアや外装が話題になり人気のある飲食店はたくさんあります。 商品が魅力的だったと他の方にお話するぐらい商品のクオリティーに注目しています。
そういった背景もあり、お店を繁盛させるために商品開発に力を入れたり、お店の内装外装チェンジに力を入れたりされるお店も多いでしょう。

しかし、それと同様に重要なのは接客ではないでしょうか。
商品やお店の雰囲気は話題になりやすく、接客はどうしても注目されにくいように感じますが、 実際にはどんなにおいしい料理、雰囲気のお店でも接客に不満があると二度と行く気にならないものです。
商品のクオリティーは雰囲気や接客などでカバーでき、雰囲気も商品や接客でカバーできます。
しかし、接客だけは商品や雰囲気ではカバーできないのです。

行きたくないとされる理由に、直接結びついてしまいます。
商品やお店の雰囲気などにはしっかりした明確なコンセプト、スタンスを持っているが接客に関してはあいまいになってしまっている、という経営者の方は多いのではないでしょうか。
新規顧客獲得を目標とした集客方法に注目しがちですが、接客でお客様を惹きつけリピーターになってもらうということも重要です。

接客サービスで他のお店と差別化を図りお客様に喜んでもらい、また来客をしていただくことが、お店の成功に繋がると思います。
接客レベルを高めることでお店全体のレベルを上げ、売上アップをすることが長期的に成功するお店の条件の一つです。